ワーママたちのお悩み、家族のお金を考える | コロツエ -転ばぬ先のツエで安心を-

   

ワーママたちのお悩み、家族のお金を考える

2018/02/01更新

「パワーママプロジェクト」が取材し集めたワーママが抱えるさまざまな悩みを解決すべく、専門家の見識と先輩ママたちの経験からそのヒントを探る連載4回目。

これから3回にわたって「お金」をテーマにワーママたちのお悩みを探っていきましょう。

「教育資金や老後のお金どうする? 家族のお金を考える」

今回は「子どものお金について」考えていきます。

昨今、幼児教育の無償化などが検討されていますが、その是非は慎重に議論され、実施となっても実現までには時間が必要です。 また、保育園問題を超えても、
地域によっては幼稚園・小学校のお受験…。
高等教育にかかる費用の軽減はあってないようなもの…。
公立高校、国公立大を受験するでも、進学塾への通学は必須…。
など、子どもの年齢やステージごとにお悩みがありそうです。

それでは、具体的なお悩みについてみていきましょう。

大学卒業までに教育費はどのくらいかかるの?

「我が子には好きなことをさせてやりたい」「なるべくよい教育を受けさせてあげたい」と思うのが親心ですよね。しかし、なにをさせるのにもお金が必要になります。奨学金といっても、ニュースなどでみると、就職してから奨学金返済に追われている若者がいるともいいます。親としては、なるべくそんな思いを子どもにはさせたくないといった方も多いのではないでしょうか。

では子ども1人を大学まで行かせるには、一体およそいくらかかるのかみていきましょう。

もちろん、通う学校によってより授業料が異なります。また、浪人・留年などすればその分の費用も追加されますが、一般的に小学校から大学卒業までにかかる費用は1,000万〜1,200万円といわれています。

「1,000万円」といわれれば、高額と感じてしまう方もいらっしゃると思いますが、そのうち半分の500万〜600万円は、子どもが高校を卒業するまでにかかる費用になります。

残りの約半分の金額は、大学時にかかる金額です。小学校から高校卒業までの12年かけて支払うのと同等の金額をたった4年で支払うのですから一気に負担は大きくなります。しかも、大学の費用(500万〜600万円)のうちの半分は進学のタイミングでかかる費用になります。 受験料だけで平均30〜50万、入学金・初年度の授業料は国公立大学で平均175.8万円とお金が必要となります。さらに、私立大学、下宿(一人暮らし)ならプラスアルファの金額が必要となります。 そのように考えると、早めに大学資金を貯める必要があります。

教育資金のプランニングの原則
1. 高校までは「家計」でまかなえる進学コースを選ぶ
2. 同時に大学進学に備え、約500万〜600万円貯める
の2つです。

不安に思ってしまった方も多いと思いますが、たとえば学資保険を使って準備をする方法があります。0歳から18歳になるまで月々1万円程度の学資保険を積み立てれば、200万円ほどになります。 さらに、児童手当をそのまま貯めれば、200万円ほどになり、2つ合わせて約400万円の資金となります。

月々1万円の学資保険と、児童手当に手をつけなければ、貯金ができそうな気がしてきませんか。

しかし、そうはいっても現実には、大学を進学するうえで奨学金を利用している家庭は多いようです。 それは、大学資金として貯めるべきものを、お稽古やお受験などで先んじて消費してしまっているケースが多いのです。

世帯年収が1,000万円を超えるような家庭なら、いくつかお稽古をしても教育資金に影響はないでしょうが、世帯年収がそれほど多くないにもかかわらず、3つも4つも習い事をさせるのは、考えた方がよいでしょう。

★★ まとめ ★★

・大学卒業までには1,000万円以上の資金が必要
・高校までは毎月の家計のから支出(約半分の500万円)
・残りの500万円以上は資金計画を立てて早めに貯め始める!

高校まで公立で節約したいけど……

さて、教育資金の山は大学進学のタイミングということがわかりました。 そのときにいくらかかるかは、大学選びの前に、高校をどこに進学するかがポイントになります。それでは、どういうことなのか詳しくみてみましょう。

公立と私立だと、私立のほうがお金がかかると思っている方は多いでしょう。
実際に、提示されている授業料は公立の方が安いです。
しかし、教育費という観点からいえば、必ずしもそうとは限りません。

そんなはずはないと思っている人は多いのではないでしょうか。
そうならないためには、いくつかのポイントがあります。
それでは、高校選びの前に知っておきたいポイントを見ていきましょう。

1. 大学の受験料
公立…私立大学を中心に受験する場合、複数校受験し、平均30万〜50万円
私立…推薦入学を選択する学生も多く、その場合の受験料は1校分(約3万円)

2. 塾代
公立…夏期講習・冬季講習などを含めた塾代が年間50万円を超えることも。1年生から通えば×3。浪人すれば、予備校代も。
私立…塾の「出張講習」など数百円〜数千円で受けられる講習や、土曜などに行われる集中講座など安価に利用できる講習が設定されている学校もある。また推薦での進学者も多いため、浪人の確率も低い。

3. 助成金
公立…助成金なし
私立…都道府県や世帯年収によって額は異なるものの、年間20万〜30万円の助成を受けている家庭は多い。

大学進学時点までで、トータルいくらの教育資金が費やされるか?は、公立・私立の違いだけで変わるものではありません。

「公立は私立より安い!」と目先のことにとらわれず、トータルで判断してみましょう。

公立か私立かは、おおよその学力が把握でき、文系・理系どちら向きなのかがわかる中学2年生くらいに決めるのがよいと思います。

もちろん、お子さんの性格にも公立向き、私立向きがあるかと思います。
また、私立であれば、どこでも上記で触れたような講習が必ずあるというわけでもありません。資料を取り寄せたり、実際に見学にいったり、通っている人の話を聞くなどして情報を集め、お子さんと一緒に話し合って決めましょう。

その際に、家庭の教育資金計画もお子さんにしっかり伝えてください。高校選びが大学での費用を大きく左右するといっても過言ではありません。だからこそ、親子で価値観を共有し、納得のいく進学先を決めることが重要なのです。

★★ まとめ ★★

・単純に教育費=授業料ではない。
・大学進学時にかかる費用は高校選びにかかっている。
・中学2年ごろに公立・私立かを親子で話し合い価値観を共有しておく。

 

【プロフィール】

「パワーママプロジェクト」 自身が子育てをするワーママである、株式会社フロントステージ代表、千田 絵美がワーママ仲間3名と2013年に創設した団体。等身大のロールモデルシェアを通して“自分らしく”仕事と育児ができるHappyなワーママを増やし、日本経済に貢献することをミッションとしています。パワーママプロジェクトのWEBサイトでは、ワーママが漠然と抱えている不安などのリアルな声を集め、専門家や先輩ママに解決策をまとめていきます。 著書:『ワーママ』5年目に読む本(光文社)

※掲載している情報は記事掲載日時点のものです

この記事もオススメ

2018/01/25更新

あなたのその笑顔を活かしなさい

続きを読む
2015/04/08更新 幸せだから感謝するんじゃない。感謝するから幸せになるのです。

幸せだから感謝するんじゃない。感謝するから幸せになるのです。

続きを読む
2017/10/05更新

挨拶とお礼だけは誰よりも早く!

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2018.06.21更新

デートや結婚式にも!基本的な食事・レストランのマナー

オトナ女子のマナーQ
2 2018.06.28更新

失敗を見つめることができたら、それは失敗ではない。

ありがとう、先生!
3 2018.07.05更新

大人女子必見!絶対恥をかかないお食事マナー

オトナ女子のマナーQ
4 2018.07.19更新

家族の会話がはずむ、食卓カラーコーディネート術

連載コラム
5 2018.07.12更新

心に笑顔!前を見よ!

ありがとう、先生!

人気セミナー

自分デザインプロジェクト その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る