将来の「お金」について考える | コロツエ -転ばぬ先のツエで安心を-

   

将来の「お金」について考える

2018/03/29更新

「パワーママプロジェクト」が取材し集めたワーママが抱えるさまざまな悩みを解決すべく、専門家の見識と先輩ママたちの経験からそのヒントを探る連載6回目。

今回のテーマは「未来のお金について考える」です。

大学進学費用など、子どもの教育資金も未来のお金かもしれませんが、子育てが終わってからの老後資金や、親の介護といった未来についても、不安を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは将来に必要なお金について、深く見ていきましょう。

老後資金、いつ貯め始めたらいいの?

2016年の厚生労働省の調査では、日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新したことが発表されました。年金制度はあるものの、「老後のためにいくら貯めておけばよいのだろう」と不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、いくつかケースを見て「老後のお金」について理解を深めていきましょう。

例えば、20代で子どもを出産したご家庭の場合、50代前半で子どもが社会人になる計算になります。つまり、多くの人が定年までまだ10年以上ある時点で、ある程度子育てが落ち着く計算になります。このような場合は、その時点から老後資金を貯め始めても遅くはありません。ひとまず老後のことは置いといて、子どもを育て上げることを考えましょう。

また、2人目、3人目の出産を考えているご家庭の方は、何歳で一番下の子どもが自立するのかを考え、子育て期間・教育資金の必要期間などを考えるとよいでしょう。

次に、30代後半以降に子どもを出産したご家庭の場合、子どもが自立するタイミングと同時にご自身が定年を迎える可能性があります。つまり、教育資金と同時に老後資金を貯める必要が出てきます。子どものためにと、ご自身で貯金していた老後の資金を教育資金に回してしまう方がいますが、奨学金や学資保険などをうまく活用し、子どもが小さいうちから将来を見越した貯金計画立てをしておくとよいでしょう。

実際、老後にかかる費用は、何歳まで生きるか、夫婦2人なのか、一人なのかでも変わりますが、3000万円とも1億円以上ともいわれます。しかし、何千万円もの貯金を目指して無理な資産運用に手を出す必要はありません。今の生活状況や家族構成などを加味し、自分がいくらなら貯められるか?老後生活をするためには最低いくら必要なのか?そしてそれを1割でも2割でも増やせる方法はないか?を、今から考えておくことが大切です。まだ先だからといって老後を考えることを先延ばしにするのではなく、自身の状況を鑑みて、無理のない貯蓄計画を立て、後はその資金の範囲内で生活していくことが現実的なのではないでしょうか。

★★ まとめ ★★
・「老後の資金」は、自身の「今」の状況をしっかり把握し、無理せず自分の状況を判断し始められるタイミングから貯める。

もし親が倒れたら、介護費用はどうしたらいいの?

        

今まで、子育てにまつわる「お金」、ご自身の将来にかかる「お金」について考えてきましたが、もう一つ忘れてはいけないのが「介護費用」です。特に、介護は先の見通しが立てられないため、どれだけの金額が、いつ、何にかかるのか不安になる方も多いのではないでしょうか?また、ご結婚されている方は、ご自身のご両親の他に、相手のご両親のことも考ないとなりません。予想していなかったタイミングで介護が始まる場合もあります。その時に備えて、「介護費用」について一緒に考えていきましょう。

「介護」と一言でいっても内容はさまざまです。デイサービス、訪問介護などの自宅で受けられる在宅介護から、特別養護老人ホーム(特養)、介護付き有料老人ホーム、高齢者向け住宅などの施設があります。当然それらのサービス内容、入居する施設などによって金額は異なります。

まず施設などに入居する場合、初期費用がかかる場合があります。そのほか、毎月生活費として10万円から30万円の費用がかかります。さらに、介護付きホームの場合、介護サービス費が2万円から3万円必要になります。それだけ考えても、結構な金額が必要なことが容易に想像できます。

なかでも、一番安価に入居できる施設は、公的施設である特別養護老人ホーム、または介護老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設という介護保険施設です。特別養護老人ホームは原則要介護3以上が入居条件で、月々の支払いにも年収や年金に応じて負担額が軽減される制度などがあります。年収・年金額、部屋タイプごとに居住費や食費に負担限度額があり、事前申請で認定されると、それ以上に支払う必要がないなどサポートが多くあるのが特徴です。しかし、安価という理由から入居希望者が多く、ほとんどの自治体で待機者が出ています。

厚生労働省は、2016年4月1日時点での特別養護老人ホームの待機者の方は、36万6139人だと発表しました。待機者の数は、地域によって状況は変わっていきます。待機者が最も多いのは東京都で2万4815人、神奈川県で1万6691人、兵庫県で1万4983人と続いています。一方で、徳島県は1161人、佐賀県では2083人と待機者数が少ない県もあります。親と遠距離になるのは心苦しいですが、資金に応じて親の居住地を選ぶことも1つの選択肢かもしれません。

それでは、介護老人保健施設、介護療養型医療施設という介護保険施設に入居すればよいのではないか?と考える方もいると思います。しかし、介護保険施設は、在宅復帰を目指してリハビリを受ける施設なので、基本3ヶ月(場合に応じ最長1年)と入所期間に制限あります。終身で入居する施設ではないことを覚えておきましょう。

このように介護サービスも無料ではないですし、老人ホームや介護施設の種類によって費用が異なることがわかりました。また、子どもの養育費とは異なり、介護はいつまでかかると断言できるものでもありません。では、親の介護の為にいくら貯金していればよいのでしょうか?

親の介護の場合、基本的には「親のお金」つまり親の貯金額、年金の額などからできることを考えましょう。親の介護費を無理して負担しようと頑張りすぎてしまい、失敗してしまうケースも多いのも現状です。多少冷たく感じるかもしれませんが、自分たちの生活、子どもの未来を考えれば、親の持っているお金の範囲内でできる介護を考えないと親子共倒れになる可能性だってあります。 もちろん介護状況にもよりますが、親も老後のための貯金などがあるはずです。それを踏まえたうえで、自分たちができることを考えてあげることが大切だということです。

今までお話ししてきたように、介護といっても色々な種類や方法があります。無理なく貯蓄から選択できる介護、入居できる介護施設を選択することが大切です。また、いつその日が訪れるかわかりません。その日に備えて、日頃からの情報収集し、いつでも親をサポートしてあげられるようにしていたいですね。

また、将来はご自身が介護される側になる日が来るかもしれない、ということを忘れてはいけません。前述の「老後費用の貯金」の準備には、介護のお金のことも入れて考えてみてください。

★★ まとめ ★★
・介護は「情報戦」!事前に情報収集をして色々な事態に備えておくこと。
・介護は、基本は親の「お金」で、できる範囲で行うこと。

この記事もオススメ

2016/05/25更新 オトナ女子マナー

混雑した電車やバス。迷惑かけないかばんの持ち方は? 意外と知らないオトナ女子のマナー

続きを読む
2017/05/25更新

思い描いた通りの未来を作る! キラキラ輝く自分になるためのヒントとは

続きを読む
2017/01/05更新

冬コートのマナー。訪問にふさわしくないコートはどれ?

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2018.03.01更新

誇りをもって大好きと言える仕事。ひとつの出会いに導かれた、私の“天職”

営業ウーマンに聞く、自分マネジメントのコツ
2 2018.03.08更新

万事順調よし 逆境さらによし

ありがとう、先生!
3 2018.03.12更新

オトナ女子なら知っていて当然?結婚式やお祝い事、お葬式のマナーまとめ

オトナ女子のマナーQ
4 2018.03.15更新

家族のファイナンシャルプランについて考える。

自分デザインプロジェクト
5 2018.03.16更新

オトナ女子が知ってってあたりまえ!?ビジネスマナーまとめ

オトナ女子のマナーQ

人気セミナー

自分デザインプロジェクト その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る