夫婦円満の秘訣、旦那とギクシャクしない秘訣まとめ!

   

夫婦円満の秘訣、旦那とギクシャクしない秘訣まとめ!

2018/02/07更新

「夫婦円満な暮らしをいつまでも続けたい。」結婚する男女は誰しもがそう願うことでしょう。一方で、生活をともにするうちにすれ違いが生まれてしまい、夫婦仲がギクシャクして離婚してしまう男女がいるのも事実。厚生労働省が公開している「平成29年 我が国の人口動態」によれば、平成27年の婚姻件数63万5,156組に対し、離婚件数は22万6,215組。つまり、同年に婚姻したカップル数の3分の1以上の男女が離婚に至ったのです。 こちらの記事では、いつまでも夫婦円満な生活を送るためのコツや秘訣をご紹介します。ポイントを押さえて、幸せな夫婦生活を目指しましょう!



 夫婦円満の秘訣①:言わないと気付かない?夫に上手に「お願い」する方法!



「いちいちお願いしなくても、ちょっとは家事を手伝ってくれてもいいのに……」なんて感じた経験はありませんか?とくに共働きの夫婦の場合、「私ばっかり家事をしているじゃない!」と不満を募らせてしまうケースは少なくありません。夫婦生活を円満に続けるためには、上手にお願いしてストレスを溜め込まないことも大切です。では、夫に上手にお願いをするにはどういったポイントを意識すればよいのでしょうか?

理由を明確にした上で、プライドをくすぐること

そもそも、男性と女性では「効果的なお願いの仕方」が異なります。感情を重視する女性とは反対に、男性は論理性を重視する傾向があります。そのため、男性にお願いをするときには「何をしてほしいのか」「なぜお願いしているのか」を明確に伝える必要があります。
お願いの理由を明確にすることに加えて、実践したいひとつのコツがあります。それは、「お願いを聞いてくれたら助かる」という気持ちを一言プラスすることです。お願いの理由のあとに、「○○してくれたら助かるな。」という一言を付け加えることで、「俺がなんとかしてやろう!」という男性のヒーロー願望が刺激されるのです。 夫に何かお願いをするときには、「お願いの理由」と「男性のヒーロー願望をくすぐる一言」がポイントだと心得ておきましょう!

詳しくはこちら
理由を知りたい男性、感情を知りたい女性。このツボを押さえれば、誰でもお願い上手になれる!

不満をそのままぶつけるのも、溜め込んでしまうのもNG

「ちょっと体調が悪いから、夕飯の後片付けをお願いしてもいいかな?」と夫にお願いをしたら、食器こそ洗ってくれているものの台所は水浸しでシンクのゴミはそのまま……。「こんなことなら最初からお願いしなければよかった……」と不満に感じてしまったこともあるのではないでしょうか。とはいえ、好意でお願いを聞いてくれた夫に不満をぶちまけてしまえば、きっと喧嘩になってしまうことでしょう。一方で、そのまま不満を溜め込んだままでも、夫婦関係を円満に保つのは難しいと言えます。

ポイントは「まず承認、それからお願い」

では、期待していた行動と夫が取った行動が違った場合にはどうするのがよいのでしょうか?夫婦円満な関係を保ちつつ思いを伝えるためのポイントが2つあります。 1つめは、お願いを聞いてくれたことに対する感謝を伝えることです。夫には悪気がないことを理解して、行動してくれたことについてはしっかりとお礼を言いましょう。そうすることで、男性は自分の行動が認められたと感じ、プライドがくすぐられます。そして2つめは、「次は○○もしてくれたらもっと助かるかな?」と、期待していた行動を命令にならないように具体的に伝えることです。そうすることで、夫との関係が悪化することなく、お願いで期待していた行動を理解してもらうことができるのです。

詳しくはこちら
夫婦円満を保つ妻が、夫にお願いする前に必ずやっていることは?【男女の違い分かっているか診断】

 夫婦円満の秘訣②:仲良し夫婦は「加点法」?プラスの面を探してみよう!



毎日生活をともにしていると、夫のちょっとした行動に不満を感じてしまうこともあるのではないでしょうか?いつまでも仲良し夫婦でいたいと願っていても、小さな不満が溜まっていくことで、大きなすれ違いにつながってしまう可能性があります。夫婦円満な関係を続けるためには、夫に対する評価の方法を少し変えてみることがカギなのです。

周りと比較して減点していませんか?

妻が夫に不満を感じてしまう大きな原因のひとつに、ほかの夫婦と比較してしまうことが挙げられます。「友人の旦那さんはあんなに家事を手伝っているのに、うちの旦那はどうして協力してくれないのかしら…」といったように、ほかの夫婦と比べてしまってはいませんか?実は、この「比較」が円満な夫婦生活を妨げてしまうケースが多々あるのです。 ほかの夫婦と比較して夫に不満や怒りを抱くのではなく、夫が家事を手伝わないという「結果」は、自分に原因がないか考えてみる必要があります。なぜ夫は家事を手伝ってくれないのか、改善するためにはどういった行動を取るべきなのかを考え、自分が理想とする形に夫婦関係を育てる能力を身につけていきましょう。

加点法が夫婦の仲を円満に

ほかの夫婦と比較して夫に対する不満を感じているのであれば、まずは、自分の行動を見直してみることが重要です。夫に対して「どうしてほしいのか」という意思表示は十分か、夫のいい部分に対してしっかりと評価できているのかを改めて考えてみましょう。もし友人夫婦を見てうらやましいと思うことがあれば、何か取り入れられることはないか質問してみるのも一策です。また、夫の不満な部分を探すのではなく、夫が優れているポイントを探してあげましょう。長く一緒に生活していくなかで、嫌な部分を見つけるたびに「減点」していては、夫婦生活がうまくいかないのは当然です。「一生懸命仕事をしている」や「子供を可愛がっている」など、プラスの部分を見つけて「加点」してあげることが、いつまでも夫婦円満でいるためのカギなのです。

詳しくはこちら
夫婦円満の秘訣は、夫の評価を「加点法」に変えること!

 夫婦円満の秘訣③:ちょっとした一言が夫婦円満の秘訣!



男女それぞれ考え方や話の伝え方が異なることから、ちょっとした一言が誤解を招いたり、喧嘩の発端になってしまったりすることがあります。しかしその一方で、上手にちょっとした一言を加えることで、夫婦のコミュニケーションがうまくいくケースもあるのです。では、夫婦生活を円満に導くちょっとした一言とは、一体どのようなものなのでしょうか。

共感を求める女性、結論を求める男性

仕事から帰ってきた夫に「今日はこんなことがあったんだよね」と話し、「それで、結論は?」と返されてしまったことはありませんか?ただ聞いてほしかっただけなのに、対応が冷たいと感じてしまいますよね。こういったケースは、男女の「会話の目的」の違いから生じるのです。女性は会話のなかに「共感」を求める傾向があります。そのため、「より親密になりたい」「気持ちを理解しあいたい」という気持ちから、日々の他愛もない出来事でも話したくなるのです。一方で、男性の会話の目的は「問題解決」にあります。そのため、女性が聞いてほしいだけであっても、話の要点を見出すことができずに「結論は何なの?」と聞いてしまうのです。

枕詞でコミュニケーションが円滑に

ひとつ理解しておきたいことは、「それで、結論は?」という男性の返事は解決策を提示してあげたいという「愛情あってこその言葉」だということです。とはいえ、結論ばかり求められてしまうと、気軽に会話を楽しめないと感じてしまうものです。では、妻が夫に対して話をただ聞いてほしいときには、どうすればよいのでしょうか。ポイントは、夫の頭を切り替える「枕詞」です。話の冒頭に、「ちょっと聞いてほしいだけなんだけど」や「話がまとまっていないんだけど」という一言を付け加えることで、男性は「話を聞くだけでいいのか、分かった!」と会話のスイッチが切り替わります。夫との会話を気軽に楽しむためにも、会話の前に付け加える「枕詞」を意識するとよいでしょう。

詳しくはこちら
「結論は?」とすぐ言う夫。どうすれば会話が楽しめるのでしょうか?

ねぎらいの一言が夫婦円満につながる

夫婦のコミュニケーションを円滑にするためのポイントとして、ねぎらいの一言も挙げることができます。忙しい生活が続くと、お互いの悪い面ばかりに目が行ってしまいがちです。そんなときこそ、見えない日常をねぎらう一言をかけてあげることが重要なのです。「いつもお仕事お疲れさま」や「ゆっくり寝て疲れを取ってね」など、相手の立場になってねぎらいの言葉をかけることで、ギクシャクの解消につながり、夫婦生活が円満になるのです。

詳しくはこちら
夫婦の会話が減ったせいか、最近ギクシャクしています。仲良くいるための心がけは?

まとめ

いかがでしたか?今回は、いつまでも夫婦円満でいるために覚えておきたいコツや秘訣をご紹介しました。「上手にお願いするコツ」や「夫に対する評価の方法」、「会話に加えるちょっとした一言」など、どれもポイントを押さえることで、すぐに始められることです。今回ご紹介したコツ・秘訣も参考に、いつまでも幸せな夫婦生活を目指しましょう。

この連載「男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?!」の記事一覧へ 【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2018.04.26更新

「和食のマナー」クイズ

オトナ女子のマナーQ
2 2018.05.03更新

がんばっている人のまわりには輪ができる

ありがとう、先生!
3 2018.05.10更新

忙しくても大丈夫? 子どもの生活サポート法を考える。

自分デザインプロジェクト
4 2018.05.17更新

努力している人は希望を語り、怠けている人は不満を語る。

ありがとう、先生!
5 2018.05.24更新

「暑い日の来客応対マナー」クイズ

オトナ女子のマナーQ

人気セミナー

自分デザインプロジェクト その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る