夫の転勤について行く?! 夫婦が離れて生活する際、気をつけておくべきことは?

2016/03/16更新 格言入り画像

『男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?!』 連載第11回

せっかく縁があって結婚したのですから、できれば夫婦円満でいたいものですよね。とはいえ、解釈の違いや接し方の違いなど、男女の差から生じる問題は多いもの。夫婦問題研究家&離婚相談救急隊代表として、メディアでもご活躍されている岡野あつこさんへ、夫婦仲良く過ごすための対応策を伺いました。3万件以上の夫婦問題に携わってきた岡野さんの言葉は説得力がありますよ。 

夫婦間のよくあるトラブル④ 単身赴任中の相手と関係が悪化しないか不安

▶距離が離れていても仲良く過ごせるコツは?

電話で話をしている女性の画像
――この時期になると、会社の辞令で転勤が決まった人もいると思います。距離が離れると、心も離れてしまい夫婦関係が以前より悪くなってしまったというケースも。夫婦どちらかの単身赴任が決まった場合、なにに気をつけて過ごせばいいでしょうか?

岡野さん 離れてしまったからこそ、心がけたいのは「ホウ・レン・ソウ」。報告、連絡、相談です。1日の出来事を伝えたり、困ったことがあったら相談したり、一緒に暮らしていたときと変わらず、電話などで会話をすることを日課にしましょう。
 単身赴任中の夫婦の関係が悪化する理由はひとつ。どちらかが相手に無関心になり、「目の前にいない=存在しないもの」として扱ってしまうこと。たとえば、私の聞いた話では、やっと帰った休日に、家族から「おかえりなさい」もなく、転勤先に戻る日には「いってらっしゃい」もなかったことで大喧嘩に発展したとか。男性女性関わらず、どんな人でも、自分が関心を持たれなくなっていると思ったら、気持ちはどんどん冷めていきますよね。

――一般的に女性よりも男性の方が、離れると疎外感や寂しさを強く感じるものでしょうか?

岡野さん そうかもしれません。私が今まで受けた相談でも、単身赴任中に夫がほかの女性とデートをしていたという話は結構あります。家族から離れた寂しさや新しい仕事でのストレスから、飲みに行くなどして仕事以外の人脈や交流をつくろうとして深入りしてしまうそうです。そうならないためにも、残った家族が、こまめに連絡をとって「いつもあなたを気に留めている」という姿勢を見せることが大切です。新しい環境に行かなければいけない赴任者側を労る気持ちを忘れずに。

――そのほかに単身赴任中の夫が気を抜きすぎないように、妻ができることがあれば教えてください。

岡野さん これはあくまで一例ですが、突然、転勤先の家へ訪れるのもひとつの手です。夫が嫌がりそうなのであれば、前日や当日の朝に、「急に予定が空いたから、掃除やたまっている洗濯物をかたづけたくて・・・・・・」とか「おいしい料理を食べてもらいたくて・・・・・・」という建前の理由を告げるのがポイント。そして、本来の目的である家の様子をチェックしましょう。そうすると夫は「また突然くるかも」と思い、リスクを考えて行動するはずです。つまり、気に留めて目を離さない、ということです。

今からできる夫婦円満策①

「ホウ・レン・ソウ」を日課にする


夫&妻:日常の出来事をこまめに報告し、たまに突然訪問してみる。

仲睦まじい男女の画像
――反対に妻が単身赴任になった場合、夫が気をつけることはありますか?

岡野さん 寂しいのは妻も同じですから、やはりこまめに連絡をとることは忘れないようにしましょう。電話が苦手な男性であればメールひとつでも構いません。気にかけていることをアピールしてください。そして妻が戻ってきたときは、いつもよりスキンシップを多めにしたりして、特別扱いしたりすると女性は嬉しいはずです。

――転勤先から一時帰宅したときの過ごし方が重要なんですね。

岡野さん これは迎え入れるほうの腕の見せどころだと思いますよ(笑)。普段の寂しさを吹き飛ばすような迎え方をしてください。妻は夫の大好きな料理をつくったり、いつもより甘えてみたり。夫は妻の話をじっくり聞いてあげたり、ハグしてあげるなどのスキンシップをしてみましょう。
 恥ずかしいと思うかもしれませんが、たまに帰ってきたときこそ存在をアピールするぐらいじゃないと。お互い自分が必要とされていると思えば、距離が離れても心は離れないはずです。
 ちなみに、今回ご紹介した内容は、単身赴任中ではないご夫婦にも効果がある夫婦円満策だと思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

今からできる夫婦円満策②

一時帰宅の際はスキンシップを多めに


夫→妻:妻の話をじっくり聞き、たまにハグをしてみる。
妻→夫:夫の好きな料理をつくり、たまに甘えてみる。

プロフィール

夫婦問題研究家/離婚カウンセラー 岡野 あつこ(オカノ アツコ)
岡野あつこ様プロフィール

1978年 立命館大学卒(専攻:職業心理学)。2009年 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科卒(MBA取得)「離婚増大社会における『夫婦の劣化』と『夫婦再生』の研究」。 結婚出産後、専業主婦になるものの、夫の浮気により36歳で慰謝料ゼロで離婚。1991年に結婚・離婚・再婚相談事業を行う事業を開始する。24年間のカウンセリングにおいて、30,000件以上の夫婦問題の相談に携わってきた(http://rikon.biz/)。後進のカウンセラー育成にも力を入れ、岡野あつこのライフアップスクールを開講(http://rikon.ne.jp/)。 通信・通学を含め、2,000人を超える卒業生を輩出している。最新著書に『幸せな結婚がしたいなら年収350万円の男を育てなさい』(牧野出版)
http://azco.co.jp/

この連載「男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?!」の記事一覧へ

この記事もオススメ

2017/07/06更新

すべてのことには意味がある! 「魔法の言葉」を唱えて人生をラクに生きよう

続きを読む
2016/03/09更新 家のイメージ画像

新築祝い。ふさわしくないものはどれ? 意外と知らないオトナ女子のマナー

続きを読む
2016/04/20更新 結婚式のマナー、まとめ

結婚式のマナー、いちばん読まれた記事は? 意外と知らないオトナ女子のマナー

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2017.06.22更新

夏の訪問マナー。お盆に夫の実家に帰省。ふさわしいふるまいは?

オトナ女子のマナーQ
2 2017.06.29更新

夢を追うのに年齢は関係ない

ありがとう、先生!
3 2017.07.06更新

すべてのことには意味がある! 「魔法の言葉」を唱えて人生をラクに生きよう

ココロ・カラダ美人のモト
4 2017.07.13更新

いちばん苦しんだ人が、いちばん幸せになれる。いちばん悲しんだ人が、いちばん優しくなれる。

ありがとう、先生!
5 2017.07.20更新

ニオイのマナー。口臭が気になる同僚女性。ふさわしくない伝え方は?

オトナ女子のマナーQ

人気セミナー

自分デザインプロジェクト セミナー女性が知っておきたい年金のこと マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る