「強み」と「弱み」を知る事がカギ! なりたい自分に出会うためのメソッド

2017/08/17更新
「ねー、ツエくん、私ってお調子者かしら?」
「そうだけど、それは楽天的と言えば、良いようにもとれるんじゃない?」
「楽天的か! 確かにそれなら自分の強みだと思えるね。ツエくんありがとう」
「今日は強みと弱みの話になりそうだね」
多くの人が小さい頃から「長所は? 短所は?」という質問を何度も受けてきたはず。だからある程度自分のことはわかっているようなつもりになっているかもしれませんが、実際はどうでしょう。人は日々、成長しています。根本は変わらなくても、その時々でいろいろな自分が混在しているもの。では、そんな「自分」について知るにはどうしたらいいか、本連載の先生、小巻亜矢さんに聞いてみましょう!

『自分をデザインするコツ』連載第五回

自分の棚卸しをしてみよう

 自分にも他者にも見せているいつもの自分
 自分にしかわからない自分=他者にはあまり見せない秘密の自分
 他者には見えているのに、自分では気づいていない自分
 自分も他者も気づいていない、未知の自分

 これは心理学でよく用いられる自分についての4つの分類方法ですが、それぞれの中にも、さらにいろいろな自分がいます。そして、その全要素で成り立っているのが「自分」なのです。その中には認めたくない自分の一面もあるかもしれませんが、そんな痛みもあなたの一部なのです。そして、後になって考えれば、それが良いスパイスになることが多いのです。たとえ、今はしんどいと感じることでも、そのまま「こんな自分もいるのね」と受け入れてみてください。

 まずは、1番わかりやすい「自分も他者も知っている自分」の中にある、「強み」と「弱み」を見ていきましょう。

Q1.あなたの強みはなんですか? できるだけたくさんあげてみましょう!
  弱みについてもあげてみましょう。苦手と思うようなものや、自分にはできないと思っていることなど、マイナスイメージを持つものをあげてみてください。

 じつはできて当たり前、というものは何もありません。例えば、「料理ができる!」これだって十分な強みですし、運転ができる、メイクが上手、なんにでもチャレンジしてみる、などなんでもいいのです。

自分の強みと弱みを知るのは、クローゼットの中の洋服を把握するようなもの

 ここで一息ついて、Q1.であげた強みや弱みだと思っていることを、もう一度見てください。あなたが弱みとしてあげたことは、強みになる可能性はありませんか?

 例えば、気が弱い、批判に弱い、嫌われることに弱い、というような弱みは「人の気持ちを大切にする」といった強みと表裏一体な気がしませんか? また、○○ができない、ということは、確かにあなたの強みにはならないかもしれませんが、そのことができないがゆえに、誰かに活躍の場を提供できるという成果をもたらすこともあります。

 誰にでもある強みと弱み。それを一つひとつ評価するのではなく、自分を理解する上で知っておくことは、クローゼットの中にどんな洋服があるのかを把握するようなもの。それをどう使うかを自分で決めればいいだけなのです。なにがあるかわからないと混乱しますが、事前に把握していれば、「それをどう使うか」だけでなく、「自分の中にどんな強みを増やしていくか」ということも、わかりやすくなります。これは、なりたい自分を描くのに、とても有効なヒントになるのです。

未開発で未完な私たちだからこそ、成長し続けられる

 では今度は、「自分の知らない自分」について見てみましょう。

Q2.人からよくいわれる言葉を思い出してみてください。

 ひとつの出来事でも、自分が見ている面と人が見ている面は違うので、「意外だな」と思うようなギャップが出てくることもあります。人の印象などは、特に受け手の心理状態が大きく影響しているので、あまり人の言葉には振り回される必要はありません。シンプルに「人から見ると、そう見えているのだ」と、鏡を見るように自分をチェックするツールとして活用すればいいのです。

 次に「自分も他者も知らない自分」について、意識を向けてみましょう。これこそ、未知のあなたの魅力や可能性が、たくさん詰まっている宝箱のようなものです。今すぐには、そこにどんな自分がいるのかわからないけれど、さまざまな出来事やいろいろな人々との出会いによって新たに引き出される一面は、誰にでもあります。次にどんな一面が出てくるのか、楽しみになってきませんか?

 私たちの脳は、目的に向かってすべてを選択していく優秀なナビゲーター。だから、なりたい自分のイメージがはっきりしていれば、読む本、行く場所、学ぶ分野などが決まっていくので、おのずと引き出される新しい自分もそのベクトル上にあるのです。ということは、自分を知り、なりたい自分がわかれば、必ずそこに向かって可能性が開き、近づいていけるということなのです。

★今日のポイント★

1.今の自分として強みと弱みを知る
2.自分の中の強みをどう使うか決める
3.自分の中にどんな強みを増やしていくか考える

プロフィール

株式会社サンリオエンターテイメント取締役
株式会社Nal代表取締役
NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事
小巻亜矢

大学卒業後、株式会社サンリオに入社、結婚退社、出産を経て化粧品会社にて仕事復帰。化粧品マーケティングに携わるなかで、さまざまな女性の悩みに触れ、心理学、コーチング、カウンセリングを学ぶ。
大学院にて自己理解論を研究、修士課程修了。
自分を大切にしてほしい、という想いから「自分となかよく」を伝えることを自らのライフワークとして多方面で活動している。

著書  「笑顔のコーチング」(大和書房)、「女神の法則」(講談社)、「働くママのための 笑顔で中学受験を勝ち取る方法」(ユナイテッド・ブックス)

この連載「ココロ・カラダ美人のモト」の記事一覧へ

この記事もオススメ

2015/11/02更新 自分に魔法をかけなさい

自分に魔法をかけなさい

続きを読む
2015/09/23更新 男は苦労のあげくに結論に達するが、女は共鳴だけでそこに達する。

男女がうまくいかない理由。それは「話し方」にあった!

続きを読む
2016/06/27更新

全国各地で開催決定! 5年後、10年後、もっと輝きたいあなたに贈る女性フォーラムのご案内

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2017.07.27更新

笑顔が自分とまわりの人を幸せにする

ありがとう、先生!
2 2017.08.03更新

人事異動のマナー。人事異動を受け、これまでお世話になった人たちに挨拶。ふさわしいものは?

オトナ女子のマナーQ
3 2017.08.10更新

物を受け取る時は、必ず両手で!

ありがとう、先生!
4 2017.08.17更新

「強み」と「弱み」を知る事がカギ! なりたい自分に出会うためのメソッド

ココロ・カラダ美人のモト
5 2017.08.24更新

切り替えが人生を決める

ありがとう、先生!

人気セミナー

自分デザインプロジェクト セミナー女性が知っておきたい年金のこと マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る