家族を巻き込んで、玄関の“キレイ”を継続させよう!

2016/03/30更新 靴の画像 こんにちは! 「親・子の片づけ教育研究所」の橋口真樹子です。今回の連載は、家族のクツがあふれる玄関に悩んでいた同研究所のマスターインストラクター福島美之が、ご自身で実践された解決策をご紹介いたします。このやり方で、子どもだけではなく、夫も自分でしまうようになったそうですよ。

玄関は家の顔だから、きれいにしたい!

 家族が毎日つかう玄関は、お客さまにとってはその家の印象を左右する「家の顔」。そんな大事な場所なのに、以前の我が家はクツが山積み・・・・・・。
 5人家族ですから、ひとり2足ずつ出ているだけで、玄関は足の踏み場もありません。当時、子どもたちは小・中学生。「整理整頓」も遊びになっていた幼児期とはわけが違います。

 「どうしてうちの子たちはクツをしまってくれないのかな?」
 玄関の散らかりが恥ずかしくてストレスになっていた私は、子どもたちに直接聞いてみました。すると意外な答えがかえってきました。

 1、そもそも「クツはクツ入れの中に戻す」という認識がなかった
 2、自分のクツを入れる場所がわかっていなかった
 3、疲れて帰ってきたときにしまうのは面倒だった

 わかったのは、大人の当たり前と子どもの当たり前が、まったく違っていたという事実だったのです。

クツをしまってもらうためには・・・・・・

 そこで、クツをしまってもらうために、子どもの答えに合わせてなにをすればいいかを考え、実践してみました。

<解決策1>
「クツはクツ入れにしまって欲しい」ことを、あらためて言葉で伝える。

 大人の考える「やって当たり前」は、子どもにとっての「当たり前」ではないことに気づかされたので、改めて伝える必要があると思いました。

<解決策2>
各自のクツをしまう場所=定位置を、わかりやすくラベリング。

 つかったのはマスキングテープです。娘はピンク、長男はブルー、次男はグリーンのマスキングテープで、それぞれのクツの定位置をひと目見てわかるようにしました。子どもに好きな色を選ばせてあげると、「自分で決めた!」という意識が生まれて効果的でした。

靴箱の画像↑色の違いがわかりやすい組み合わせを選びましょう

<解決策3>
「疲れてできない」という相手に、協力してもらえる方法を考える。

 「しまうのが面倒なら、とにかくここに置く!」という一時置き場を決めました。相手の事情に寄り添って、頼む側も「ゆずれること」を考えるのは大事です。

靴の一時保管場所の画像

 小さなマットを床に敷いて、クツの一時置き場をはっきりわかるようにしました。はじめから多くを求めすぎず、簡単な方法からはじめて様子をみるようにしましょう。

クツをしまうようになる言葉がけで大事なことは?

 子どもたちから得た気づきによって、考えなおした「かたづく仕組みづくり」。次に必要なのは、家族に協力してもらうための「上手な言葉がけ」です。

 実はここからが勝負どころ。今まで「クツをしまう」という考えのなかった子どもたちですから、「仕組みを工夫したから、もうできるよね?」と思わずに、いい言葉がけを地道にしていきます。

<ポイント1>
責めるようないい方はNG。反抗心を生むだけです。

 × 「どうしてしまってくれないの?」
 ○ 「決まった場所に戻してね」 ⇒さりげなくいうのがポイント!

 × 「出しっぱなしじゃない!」
 ○ 「しまう場所はわかる?」 ⇒確認の意味も込めて!

<ポイント2>
「いつも」・「すぐに」してくれなくても、あきらめない・怒らない。

 「お願いすれば協力してくれる」と信じて、淡々と地道に声をかけ続けます。「淡々と」がポイントです。それでもしまい忘れているときは、私がかわりにしまってあげます。

大丈夫。お母さんの思いは伝わります!

 クツをしまい続けて1か月が過ぎたある日、いつもは脱ぎっぱなしの夫のクツが玄関にないことに気づきました。「わぁ! しまってくれたの? すごくうれしい!」と夫に伝えると、「だって自分たちでしまわないと、ママがずっとしまい続けなくちゃならなくて大変でしょ?」と、夫から思いがけず嬉しい言葉が聞けたのです。

 こうなると、子どもたちもしまわないわけにはいかなくなります。私の言葉がけにも子どもたちはそろそろ飽きたころ。夫からの援護となるような言葉が加わり、子どもたちもしまいはじめてくれました。
 玄関がすっきりすると、家族も「玄関はなにもないほうが通りやすい、気持ちいい!」ことに気づいたよう。夫の言葉のおかげで、自分たちの少しの手間で母が助かることに気づいてくれました。

 家族に変わって欲しいときには、まず自分自身が行動すること。そして「どうせやってくれない」とあきらめずに伝え続けること。その大切さを実感した玄関収納のエピソードでした。

【連載記事一覧】 第1回:忙しい朝がラクになる?! 子どもが自分でやりたくなる毎日の身支度
第2回:帰宅後はお風呂へ直行! 小さな工夫で、家族の会話が増える?!
第3回:遊んだあとのおかたづけを劇的に変える「1ジャンル1ボックス」収納!
第4回:おもちゃの整理は「小さなかご」ひとつから、はじめよう!
第5回:「自分でかたづける子」を育てるには、言葉がけが重要だった!
第6回:花粉を部屋に持ち込まないために、いますぐ玄関でやるべきことは?

プロフィール

一般社団法人「親・子の片づけ教育研究所」理事 橋口真樹子
橋口真樹子さんプロフィール画像

高1娘、小5息子の母。育児休職中に夫に相談されたアメリカ留学を実現するため、夫婦そろって退職し当時2歳の娘を連れて渡米。アメリカ滞在中に「子どもがいるのにいつもキレイな家の秘訣」を聞かれたことがきっかけで、帰国後に整理収納アドバイザーの資格を取得し起業。 「家族にも協力してもらえるおかたづけ」をモットーに、自宅セミナー、資格講座や講演会、おかたづけカウンセリングや作業など、多岐にわたって活動。
2014年末にアドバイザー仲間と一般社団法人「親・子の片づけ教育研究所」を立ち上げ、おかたづけと育児の悩みを一度に解決できる「親・子の片づけインストラクター講座」を全国各地で展開中。
ブログ:「幸せな毎日のための整理力」http://seiri-ryoku.jugem.jp/
著書:「ひと声かければ5分で片づく!子どものお片づけ」(青月社)

親・子の片づけマスターインストラクター、福島美之
福島美之さんプロフィール画像

大学卒業後、ヤマハ音楽教室や自宅で音楽教室を主宰していたが、実母の介護や遺品整理の経験がきっかけで2014年に「整理収納アドバイザー1級」を取得。さらにみずからの育児をふりかえり「子育て中のママたちの力になりたい」と、育児とかたづけの悩みを解決できる「親・子の片づけマスターインストラクター」を取得。かたづけ作業の他に子育て中のママたち向けの講座や茶話会を定期的に開催している。
大学4年生の娘、大学2年生の息子、高校3年生の息子の母。
ブログ:http://ameblo.jp/zinseitanoshimuotona/

子育て中のあなたへ。こちらの記事もおすすめ! 「おこづかい」の正しい与え方が分かります。
この連載「家族がラクになるおかたづけ」の記事一覧へ

この記事もオススメ

2016/01/27更新 かごに入ったおもちゃの画像

おもちゃの整理は「小さなかご」ひとつから、はじめよう!

続きを読む
2016/04/27更新 子どもにまかせる!リビングのおもちゃ収納の画像

子どもにまかせる! リビングのおもちゃ収納

続きを読む
2015/10/14更新 子ども身支度グッズ

忙しい朝がラクになる?! 子どもが自分でやりたくなる毎日の身支度

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2017.09.28更新

意外と知らない結婚式のマナー。 ホテルで会費15,000円の会費制結婚式(1.5次会)に出席。祝儀袋はどうする?

オトナ女子のマナーQ
2 2017.10.05更新

挨拶とお礼だけは誰よりも早く!

ありがとう、先生!
3 2017.10.12更新

意外と知らない結婚式のマナー。職場の上司として、部下の結婚式に出席。ふさわしくないふるまいはどれ?

オトナ女子のマナーQ
4 2017.10.19更新

どんな分野でも構いません いなくてはならない存在になってください

ありがとう、先生!
5 2017.10.26更新

無理しているなと感じたら・・・・・・。ありのままの自分を知ってラクに生きよう

ココロ・カラダ美人のモト

人気セミナー

自分デザインプロジェクト セミナー女性が知っておきたい年金のこと マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る