子どもたちの夢を叶えることが、私の働く原動力です!

2015/05/27更新 山本愛子さん

『営業ウーマンに聞く、自分マネジメントのコツ』
連載第2回 山本 愛子(ヤマモト アイコ)さん

お客さまとのご縁をつなげてくれる、私の口ぐせ

 うまくいく自分マネジメントのコツは、仕事もプライベートも同じだと思っています。要は、自分が楽しめる環境をどう作るか。それが一番大事です。

 私は仕事でお会いするお客さまには、絶対に「困った時に、連絡ください」とは言いません。それよりも「いいことあったら言ってね、私も知りたいから」と常に言うようにしています。たくさんのお客さまから、たくさんのハッピーなお話を聞くことは、とても楽しいですし、逆に私も自分のことを、お客さまに聞いてもらったりしています(笑)。

 皆さん同じだと思いますけど、人って自分の自慢を聞いてほしいものじゃないですか。たとえば、ママさんなら子育ての自慢をしたい。でもその場所がないから苦しいわけです。そういう時に「山本愛子さんには自慢できるから」って、ママさんが、他のママさんに声をかけてくれるんです。おかげで、入社直後の一カ月間は、知り合いをまわりましたが、あとはずっとお客さまからの紹介で仕事が続いているんです。そして、不思議と良いお客さまばかりに恵まれています。これは本当にありがたいことです。

恋愛相談は、中学生から74歳まで。自然とご縁がつながっていく

 自分が何でお役に立てるかを伝えておくのも、営業環境づくりにはいいと思います。たとえば、前職では、冠婚葬祭の仕事をしていたので、恋愛カウンセリングから終活カウンセリングまで幅広くお役にたてることをアピール。恋愛相談に関しては、年齢層も幅広く、下は中学生から上は74歳まで依頼があります。

 中学生の子とは、子どもの紹介で知り合い、メールで相談にのることも。以前相談にのった子から「愛ちゃん! 就職先決まったよ!」と先日連絡をもらいました。こんなふうに自然とご縁がつながっていくのでは嬉しいですね。

「やっちゃったから、やるしかない」状況を作る

 学生の時から「80歳まで働こう」と決めていました。結婚が22歳、家は24歳で建てたいと。結婚する時は、まず私1人で式場を先に予約し、その気がなかった相手に逆プロポーズ。家を建てる時は、まず土地と家を決めてから、住宅ローンが通るところを探しました。

 何事も先に行動してから、解決策を考えるタイプなんだと思います。「やっちゃったから、やるしかない」と、自分自身を追い込み、やるしかない状況を作っているんです。だから、モチベーションなんて考えたことがないんです! 3人の子どもを育てながら、20年以上働き続けられたのも、住宅ローンを抱え、働かないといけない状況だったからかもしれません。自分で決めたことだから、夫任せにせず、自分も貢献しないといけませんから。

女性特有のカラダのリズムを考えて、業務の配分を決める

 働く女性の場合、体調が優れない時にどうパフォーマンスを出すか、で苦労している人も多いのではないでしょうか? 私も色々調べたところ、個人差はありますが、女性はホルモンバランスが変動するため、男性と同じように心身のバランスを常に一定に保つのが、難しいこともあるようです。
 私の場合は、まずはその現実を受け入れ、体調に合わせて業務の配分を考えることに決めました。

 体調が優れない時は、頭をあまり使わずにできるルーチンワークのような作業をメインにし、体調がいい時は頭を使う仕事をするよう意識しました。それでも、辛い時はムリに戦わず、逃げるのもあり、と割り切ったところ、仕事もプライベートもずいぶんと楽になりました。その経験から、特に仕事をしている女性には、もっと自分のカラダのリズムに関心をもつことをオススメしたいと思います。

 また、このことに気づいてから、公私問わず、お客さま、同僚、ママ友など女性と接する時には、そのリズムを意識するようにしています。同じ女性だからこそ、気づきを活かせることがありますよね。

働く意欲を与えてくれている、子どもたちに感謝!

 3人の子どもに恵まれ、上の子が社会人(長男)、真ん中が大学生(長女)、下の子が高校生(次男)と、今、お金がマックスかかる時期に突入しました。苦労はありますが、お金が必要な時に、親としてちゃんとお金を出してあげられるのは、最高の生きがいになっています。
 そして今、いちばんの働く意欲になっているのは、病気を抱えている末っ子をプロのバスケットボール選手に育て上げること! 小学4年生の時に、「運動するとショック死します」と宣告され、一時は大好きなバスケを諦めさせることも検討しましたが、やはり親として子どもの夢を応援してあげたいと、二人三脚で今まで歩んできました。

IMG_3649

 まわりからは、大変だと思われているかもしれませんが、私は息子の病気のことで辛いと思ったことはないんです。むしろその逆。この子のおかげで、最高の子育てができていると実感しています。子どもがバスケを続けられるように、ゼロからチームを作って、選手を集めて、コーチを招いて……。全力で取り組んだ結果、バスケ経験がない子ばかりの弱小チームを全国区へ導くことができたのです。こんな経験、子どもがいなかったらできなかったでしょう。子どものおかげで、自分の可能性を広げることができているんですから、本当に感謝の気持ちしかありません。

 今は、その息子とどちらが先に本を出すか、競っているんですよ。ちなみに、「本を出版する」という目標以外にも、私には「芸人になる」という目標もあるので、その夢に向かってこれからも前進していきたいと思っています! 行動ありきの性格なもので、そのうちお笑いライブ会場を先に予約してしまうかも?! その際は、また告知させてくださいね!

【プロフィール】

20150518_山本愛子さん写真1 山本 愛子(ヤマモト アイコ)(43歳)

ジブラルタ生命 岡崎支社
ライフプラン・コンサルタント
社会人の長男、大学生の長女、高校生の次男と夫の5人家族。

※掲載している情報は記事掲載日時点のものです

この連載「営業ウーマンに聞く、自分マネジメントのコツ」の記事一覧へ

この記事もオススメ

2016/03/16更新 格言入り画像

夫の転勤について行く?! 夫婦が離れて生活する際、気をつけておくべきことは?

続きを読む
2016/04/20更新 結婚式のマナー、まとめ

結婚式のマナー、いちばん読まれた記事は? 意外と知らないオトナ女子のマナー

続きを読む
2015/10/01更新 非常食のレモンケーキ

番外編:非常食とは思えない! シリアルバーを絶品デザートにアレンジ♪

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2017.07.27更新

笑顔が自分とまわりの人を幸せにする

ありがとう、先生!
2 2017.08.03更新

人事異動のマナー。人事異動を受け、これまでお世話になった人たちに挨拶。ふさわしいものは?

オトナ女子のマナーQ
3 2017.08.10更新

物を受け取る時は、必ず両手で!

ありがとう、先生!
4 2017.08.17更新

「強み」と「弱み」を知る事がカギ! なりたい自分に出会うためのメソッド

ココロ・カラダ美人のモト
5 2017.08.24更新

切り替えが人生を決める

ありがとう、先生!

人気セミナー

自分デザインプロジェクト セミナー女性が知っておきたい年金のこと マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る