【防災の日特別編:第2回】防災のプロが認めた、女性に役立つ「最新・防災グッズ」とは?

2015/09/02更新 防災の日特別編2

9/1(火)は防災の日。東日本大震災を経験してから、防災のことをより真剣に考える人が増えたのではないでしょうか。 そこで、防災の日特別編として、防災アドバイザー山村武彦先生による全3回の連載を掲載します。 山村先生は『みんなの防災事典』『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている』の著者であり、テレビや雑誌でもおなじみの方です。 第2回目の今回は、女性に役立つ「最新・防災グッズ」をご紹介します!
第1回 防災のプロが語る、防災グッズを選ぶ前に知っておきたいこと

①軽くてかさばらないもの、②プライバシーを守れるもの。女性はこの2つを基準に選ぶといい

 連載第1回で「防災グッズは自分に合わせて選ぶ!」とお伝えしたばかりですが、とはいうものの、防災アドバイザーとして今まで多くの被災地に足を運ぶ中で、実際に喜ばれたものや自分自身が愛用しているものは、個人的なおすすめ品として紹介しています。
 今回は女性に喜ばれるもの5点を選びました。多くの女性は男性よりも力が弱いでしょうから、①軽くてかさばらないものを。そして、男性よりも人前で恥ずかしい姿を見せたくないでしょうから、②プライバシーを守れるものが必要だと思っています。

防災グッズ

1、ヘルメット&防災ずきん

防災ずきん

 たとえば地震が発生した時、一番守らないといけないのは頭部です。一般的にヘルメットや防災ずきんが知られていますが、わが家で愛用しているのは、布製の帽子タイプのものです。

 頭だけではなく首スジまで守ってくれる「シコロ」が付いているため、飛散物の侵入も防げるうえ、前頭部・頭頂部に内包されている衝撃緩衝材と樹脂シートのおかげで、ガラスや落下物などからも頭を守ってくれる優れものです。折りたたんでコンパクトに収納できるため、わが家では、これを枕元に置いて寝ています。

2、ポンチョ

ポンチョ

 地震、火山などの自然災害は特に長期化しやすく、避難所生活を余儀なくされる場合もあります。そんな時に、 寒さ対策にもなり、プライバシーも守ってくれるお役立ちアイテムがポンチョです。ポンチョがあれば、人前でも着替えができますし、背丈以上あれば簡易トイレと併用し即席トイレになります。フリース素材なら毛布として、防水素材なら雨具として活用できます。このような用途が多様なアイテムは、災害時に適しています。

 私がその中でも女性におすすめしたいのが、毛布素材の防災用ポンチョです。普通の毛布は睡眠中にはだけてしまうこともありますが、ポンチョであれば、紐やボタンで留めてあるので安心して寝られます。
 日常のちょっとした不便の積み重ねがストレスに発展していきますので、避難所生活を想定した便利グッズは用意しておくと安心です。

3、トイレ用凝固剤

トイレ凝固剤

 さて、先ほどのポンチョで話に出てきた簡易トイレ。自宅の洋式トイレにも使える「凝固剤」だけでも準備しておくと安心です。これだけなら場所も取りませんので多めにストックできます。処理袋は自宅のビニール袋を代用してもいいでしょう。
 凝固剤が切れた場合は、古新聞をちぎって入れる応急処置も覚えておきましょう。

4、美味しく、栄養バランスを考えた非常食

レトルトカレー

 連載第1回でお伝えしたように、非常食選びは健康でいるためにとても重要です。病気などの2次災害を防ぐためにも、今から普段使いとしても美味しく食べられて、栄養バランスもいいお気に入りの非常食を多めにストックしておきましょう。女性は特に美味しいものが好きな人多いでしょうし、男性以上に栄養バランスが体調に影響してしまうと聞くので、「美味しさ」と「栄養バランスの良さ」を重視して選ぶのが大事です。
 いまは非常食の種類も豊富になり、温めなくても美味しい、具だくさんのレトルトカレーがありますので、非常食デイを活用してお気に入りを探してみましょう。

5、LEDランタン

LEDランタン

 最後にご紹介したいのは「LEDランタン」です。停電期間中でも、部屋全体がある程度明るくなりますし、軽いので移動も楽です。懐中電灯は一方向しか照らせませんし、片手しか使えなくなるので生活するには不便です。LEDなら1日8時間つけても10日間持ちますので、電池やライトの備蓄も減らせます。

防災とは、安全な場所に住み、安全な場所にすること

 さて、防災グッズとして今回ご紹介した5点は、すべて災害が起きたあとに役立つものです。もちろん災害後の備えも大切です。ただし、これからは「災害を減らすための対策」つまり事前にできる“減災対策”が必要だと言われるようになりました。
 “減災対策”を意識した暮らしにするための知恵を、次の連載でご紹介することにしましょう。

9月は、防災企画を連載中! こちらもあわせてご覧ください。

~防災のココロエ~地震に備える10のこと~ 第1回:防災リュックの中身は? 何を詰めればよいか知ってる?

プロフィール

山村 武彦(やまむら・たけひこ)
山村武彦様

防災・危機管理アドバイザー、防災システム研究所所長。 1943年生まれ。1964年、新潟地震でのボランティア活動をきっかけに、防災システム研究所を設立。以来、「現場主義」を掲げ、地震や津波などの自然災害、事件・事故など250か所以上の現地調査を行う。阪神・淡路大震災(1995年)発生時には2時間後に現地入りし、救助活動、調査活動を行う。近年も東日本大震災、オクラホマ竜巻災害、フィリピン台風30号災害、ネパール地震などの現地調査を実施し、写真レポートをサイトにアップしている。実践的防災・危機管理の第一人者と言われている。現在、執筆、講演活動、マスコミ出演等を通じ、防災・危機管理意識啓発に活躍中。
http://www.bo-sai.co.jp/index.html

この連載「女性のためのサバイバル講座」の記事一覧へ

この記事もオススメ

2016/10/17更新 ありがとう、先生!

きちんと食事することは自分を大切にすること

続きを読む
2016/05/25更新 オトナ女子マナー

混雑した電車やバス。迷惑かけないかばんの持ち方は? 意外と知らないオトナ女子のマナー

続きを読む
2015/12/26更新 正月飾りの画像

鏡餅やしめ縄などを飾ってはいけない日はいつ? 意外と知らないオトナ女子のマナー

続きを読む
【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! ココロカラダ美人のモト 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 女性のためのサバイバル講座 パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 知って得する!お金のはなし こどもを伸ばす「おこづかい」 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! 【新しい人生が始まる日】 DAY ONE STORY 家族がラクになるおかたづけ 大人女子のマナーQ その他の連載・コラムを見る コロツエ コロツエ コロツエ診断 オンナたちのホンネ

More

一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 「もしも…」動画 退職後の人生に安心を「RETIREMENT RED ZONE」 セミナー マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく セミナー 女性が知っておきたい年金のこと おこづかい教育出前教室 お役立ちセミナー情報 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動

ソーシャル

ランキング

1 2017.07.27更新

笑顔が自分とまわりの人を幸せにする

ありがとう、先生!
2 2017.08.03更新

人事異動のマナー。人事異動を受け、これまでお世話になった人たちに挨拶。ふさわしいものは?

オトナ女子のマナーQ
3 2017.08.10更新

物を受け取る時は、必ず両手で!

ありがとう、先生!
4 2017.08.17更新

「強み」と「弱み」を知る事がカギ! なりたい自分に出会うためのメソッド

ココロ・カラダ美人のモト
5 2017.08.24更新

切り替えが人生を決める

ありがとう、先生!

人気セミナー

自分デザインプロジェクト セミナー女性が知っておきたい年金のこと マネー管理は「お片づけ」で考えるとうまくいく その他のセミナー一覧

スペシャルコンテンツ

コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 コロツエOne

オススメ連載

【お悩み相談室】男女の違いが分かれば、人生は9割うまくいく?! 女性のためのサバイバル講座 ココロカラダ美人のモト パパの㊙愛情日記〜僕がウチの子にしていること〜 営業ウーマンに学ぶ、セルフマネジメント術 ジブラルタ生命 Heart To Heart ありがとう、先生! オススメ連載一覧 コロツエ診断 オンナたちのホンネ 一緒に考えてみませんか?「人生のもしも」 このサイトについて ジブラルタ生命の社会貢献活動
トップに戻る